簡単 バストアップ

バストアップの悩み、あきらめるのはまだ早い

画像1

は女の象徴。

「昔から胸が小さくて恥ずかしい」「美乳の友達が羨ましい」「やっぱり胸が大きい子の方がモテるでしょ」「女として自信がもてない」

“おっぱい”のことは今も昔も女性を悩ませています。

やっぱりある程度大きさは欲しいけど、でも大きいだけじゃなくてキレイな胸になりたいそんな風に願っている女性はたくさんいます。

でもバストのことになると、私の歳から大きくなるわけない・お母さんもペチャパイだし・エステとか抵抗あるから、と何となくあきらめてしまっている人もとても多いのが現実です。

実は、とっくに思春期が過ぎていても、胸が小さい家系でも、エステに行く勇気はなくても、どんなに今貧乳だとしても、大きくてキレイなあなたの理想のバストになれる方法があったりするんです。

大きくてキレイな胸になるバストアップのやり方。続きをこちらでご覧になれます。

思いきって美容整形外科?メリットやデメリットは?

性誌の後ろの方にたくさんでている美容整形外科の豊胸手術の広告。

バストのことで悩んでいる女性なら、一度くらいは気になって読んでしまったことがあるかもしれません。その豊胸手術にもいくつか種類があるのですが、メリットとデメリットを簡単にあげると下記のようになります。

○メリット
(成功すれば)確実に胸が大きくなる / (成功すれば)希望に近い大きさ、形になる

○デメリット
数十万~100万円以上お金がかかる / 執刀する医師によって腕に差がある / 手術前後の通院の時間がかかる / 豊胸手術による死亡事故も起きている


確かにある意味では簡単にバストの悩みを解決できますが、それなりにいろいろな危険があることも十分に理解しないといけません。

一方でまだあまり知られていませんが、手術もせず、サプリも飲まず、光豊胸をするわけでもなく、健康的に安全な方法でバストアップしている女性も実はたくさんいるんです。

美容整形外科に行かなくてもOK。カラダに負担のない健康的にバストアップする方法はこちら

理想のバストの芸能人

思わず羨ましくなるようなバストの持ち主と言えば、女優やモデルなど芸能人が思い浮かびます。ちなみにあるアンケートによると理想のバストだなぁと感じるタレントさんのランキングはこんな感じだそうです。


性別によってややタイプの違いがあるようですが、女性が求めるのは“ただの巨乳”ではなくて、プロポーションのバランスがとれる女性らしいキレイな胸になりたい、ということのようです。

残念ながら藤原紀香さんやほしのあきさんと全く同じ体型になることは難しいかもしれませんが、今のあなたが一番女性らしく輝いて見えるバストを手に入れることなら案外簡単にできちゃうんです。

芸能人にも負けない!自分にあった大きさと形のバストを手に入れる具体的な方法はこちら